読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットで小銭を稼ぐ人のブログ

1~3万円なら誰でも行ける!ネットで小銭を稼いできた人のアフィリエイト報告ブログです。変な商材とか買わなくてもちょっと小遣い増えればいいと思いませんか。



▲おすすめのサービスはこれ!

A8で成果が出ない!? ならA8での楽天かAmazonを貼ってしまえばいい――あえて間接ASPを使う理由

f:id:amimotosan:20130430034717j:plain

料率も下がる、直運営じゃない他のASP経由で両社のアフィリエイトをあえて使う理由

 
楽天アフィリエイトAmazonアソシエイト、どちらも自社アフィリエイトのほかにいくつかの他社アフィリエイトASPと提携しています(A8.netもしも等)。これら他のASPと提携すると、そこからも楽天やAmazonの商品を紹介することができるのですが、楽天もAmazonも、もちろん「直」のほうが大概割合はいいわけです。

なので、いままではなんでわざわざ割が悪い他社で貼るのか、クッキー期間も短いかもしれないし…と思っていました。ですが、最近、わかりました。

(持ってる)会社が複数あるとか、管理を簡単にしたいとかの理由で、振込先をサイトによって分けたい場合に重宝

経理上の振り分けとかで「振込段階でアカウントを分けたい」とかには結構いいんですよね。直と提携ASPの2つあると。これはまあ料率差異はあるんですが(多少は損する)、でもそれ以上に経理処理が簡単になるので、ああ、なるほどと思いました。入金額は最大化したい心理は誰しも、しかも法人化している場合でもなおさらあるでしょうが、でもたとえばどうにもならない形で会社が2つに分かれてるとかのときには、まあ元サイトで複数垢を認めていれば別なんですが、この方法がやりやすい。

低額での換金が親元サイトよりもやりやすい!

あと他の方も以前書かれていましたが、楽天アフィリエイトは低額だと楽天キャッシュだのポイントだの支払いを現金になかなかしてもらえないので(Amazonも低額だとAmazonギフト券払い)、そうなると使い勝手が悪くなるため、低額での入金を現金化するために、こうした提携ASPを使うのだとか。振込のハードルが低いですからね。

個人でも「提携ASP」と契約することで、大手2大ECのアフィリエイトアカウントを合法的にいくつも持てる

あとリスクとしての問題。アカウント剥奪リスクを分散できるということです。

Amazonは、サイト登録部分をあとからいじらない分にはそんなに途中剥奪されることもなかなか起こっていませんが、本来はサイトを追加する場合若干の登録が必要で、審査もかかります。そこで馬鹿正直にいろいろ登録したところ、登録が認められず剥奪されてしまうケースもあります(たとえば18禁商品だけ貼っているサイトなどは、事実上はありますが、最初に登録するサイトとして申告するとNGになります)。楽天も登録できるサイト数は限られていて実際はサイトの記入スペースがなくなったら、登録外のサイトにはられていてもほぼいままで黙認されてきた部分があるのですが、パトロール隊がいて、楽天側が貼ってほしくないサイトにはられているなど判断をするとアカウントごと止められるケースもあるのです。

まあ、他の提携アフィリエイトASPも大概規定でキツイサイトや18禁はNGになっていることが多いうえ、団体があって、問題ある会員は悪さができないようになるシステムもあるので、自分のサイトが原因での剥奪、それが回避できるわけではない上に、そこでアカウント剥奪されると横方向で他社でもアフィリエイトができなくなる可能性がある問題はあるのですが。

それでも1アカウント運用をしていると、リスクとして他の問題ないやつも巻き込まれるとかそういう問題が生じてきやすいわけで。

直でたとえばいくつも同名で多重にアカウントを作るというのは(黙認しているケースもありますが)、当然NGです。ですが提携ならば、これができるわけで。なので、提携ASPアカウントを併用して違法でないやり方で2アカウントに分散できるという意味でも、提携ASPと直、両輪で行くというのもひとつの方法でしょうね。

楽天、Amazon、そう儲からないとは言われていても、ハードルが圧倒的に低い

A8で成果が出ないという人は、ためしでもいいのでA8で提携している楽天、Amazonを貼ってみてください。成果があがってくるのは当然直よりも提携ASPのほうが遅めですが、まあやっぱり他の、提携した独自の商品より簡単に売れる感じはあります。これはやっぱりその2大サイトからはモノを買うことに抵抗のない人が多いからなんですよね。


pt/Adm