ネットで小銭を稼ぐ人のブログ

1~3万円なら誰でも行ける!ネットで小銭を稼いできた人のアフィリエイト報告ブログです。変な商材とか買わなくてもちょっと小遣い増えればいいと思いませんか。



▲おすすめのサービスはこれ!

年間数万円の差!nanaco+特定クレジットカードからのチャージで、クレカ払い非対応の税金・公共料金でも小銭を稼ぐ! 

f:id:amimotosan:20150817220033j:plain

税金をクレジットカードからチャージしたnanacoで払うと…

税金や公共料金でもバーコードがついておりコンビニで支払えるものがいくつかあると思うが、それらは実はとある電子マネー(バレバレですが)を介し、クレジットカードで支払うことで間接的にポイントをつけることが可能だ。(※なお、もともとクレジットカードで払えるものは、クレジットカード引き落としにしたほうがいいので、あえてこの方法を使う必要はない)

現在、税金を払える電子マネーはわずかにある。セブンイレブンの電子マネーnanaco一択だ。
これを利用して、クレジットカードからチャージし、税金を間接的にカード支払いする。

なぜ2つを介すのかというと、nanacoは、現金からのチャージでは特に公金支払いにnanacoポイントは貯まらないことになっているから。そのためクレジットカードからのチャージを行う。クレジットカードからのチャージにより、クレジットカードのポイントが貯まるので、間接的にクレカ→nanaco経由で支払うことができ、合法的にクレカ側からポイントをもらうことができる。(※あらかじめ、nanacoのサイトでクレカとnanacoの紐づけが必要)

固定資産税、住民税、軽自動車税… 結構コンビニで支払えるものがあることに気付くはずだが、あまり高額なものはnanacoで払いづらいので注意。発行した公共機関によっては分割して再発行してもらうなどの手もあるようだが…(※コンビニで払えるのは30万円まで。そのうちnanacoで支払えるのは5万円+センター預かり5万円の10万円まで(さらにnanacoギフトの裏技もあるようですが)。センター預かりに関しては、他に専門ブログがあるので確認を)

クレジットカードのポイントがつく対応カードは限られる

さて、そのnanacoへのチャージ対応しているクレジットカードでさえ限られるのだが(NGカードもある)、nanacoチャージ対応している中でもポイント付与されないものもある、ポイントを貰えて対応しているブランドは限られるので注意したい。(このへんは「クレジットカード チャージ ポイント nanaco」あたりのワードで検索し、各専門サイトを参照)

なかでも現在、還元率2%と、他を圧倒的に引き離しておりおすすめなのが「リクルートカードプラス」で、このカードは通常のクレジットカードの還元率の0.5%に対して、2%のポイントがつく(ただし年会費2000円)。これでnanacoチャージすると、つまりは2%がリクルートポイントとして付与される。Pontaへのネット経由での即時転換(1:1)も可能なので、ローソン、ゲオ、ビックカメラ、シェル石油等が近くにある人ならば使い勝手もよいだろう。逆に言えば、リクルート系のサービス(ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティ、じゃらん、ポンパレモールなど)を一切使わない人やPontaを使わない人には勧められない。また、年会費があるので、年27万円以上利用しない人には向かない。メインカードにする心づもりが必要だろう。また、リクルートカードは電子メールによるDMがやや多いので、メールアドレスなどはオリジナルで分けておいたほうがいいかもしれない。

それでも、2%は破格だ。

他にも1%前後であれば、ノーマルのリクルートカード(JCB・VISAとも対応)1.2%、楽天カードJCB(※「楽天カード」でもJCB以外のカードブランドは利用不可)1%、Yahoo!Japanカード1%あたりがいいだろう。楽天カードをもってるけどVISAにしてしまった、でももうクレジットカード増やしたくない…なんて人には楽天銀行のデビットカード(JCB)1% で対応するという裏技もある。

これでうまくすると数万円節約、というか逆に考えれば年間数万円を稼ぐことができる。


pt/Adm