読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットで小銭を稼ぐ人のブログ

1~3万円なら誰でも行ける!ネットで小銭を稼いできた人のアフィリエイト報告ブログです。変な商材とか買わなくてもちょっと小遣い増えればいいと思いませんか。



▲おすすめのサービスはこれ!

ネットの売上が100万を超えても、それでもらえるのは1万くらいだということを認識しよう

f:id:amimotosan:20161213224442j:plain

アフィリエイトは先方の売上から消費税の半分以下を仲介料として抜いていくような商売、大げさな数字に騙されるな

アフィリエイトは歩合の商売です。自分のサイトのリンクを踏んでもらって先方のECサイトで物が売れて、かつクッキー重複やキャンセル返品がなくて始めてお金がもらえる(1%~10%くらいの間が多いか)という仕組みです。難易度は高いのです。
昔からよく胡散臭い情報商材の人たちとかメルマガの人たちがアフィリエイトで7桁(100万円)以上みたいな実績をよく語られていると思います。あれみると楽してウハウハ感がありますよね。しかし、実際は収益じゃなくて売上だったりする。よく見てください。
ごく最近も、こちらのノウハウ記事を見て、思いました。
www.warorince.com
「Amazonアソシエイトの売上が月100万円超えたので方法を書いていきます」うひょー!100万!スゴイ!とか思いがちですが、
これもよく見ると売上が136万(うち8300円台キャンセル)であって、実際に執筆者が得られる収益は3万2千円程度であります(Amazonはまだ商品ジャンルによっては料率がいいだけ羨ましいです)。
ただ、収益3万ベースを基本にしている当ブログでも以前から言っている通りですが、わりと実践的な話は書いてますよね。

収益が100万円の人は、おいそれとは真似できませんし、情報も教えてくれる人は一握りではあり、それ(情報)をセミナーやら教材やらで換金している人も多いです。でも3万円の人は基本的に教えてくれます。違法性のないことはどんどん真似をされるといいんじゃないでしょうか。ただ、このノウハウは(ランキング)スキマをついた商品に関しての情報集積のあたりが、検索でそれなりにはいってるということがあるからだと思うんですよね。(ライバルの多い)王道の商品だったり(推しの)根拠が足りなかったり、専門じゃないことばかりをしていたら、ランキングではそうは売れないと思いますが。

Amazonアソシエイトの場合良いものを勧めると売れるのは確か

私も過去にこういう記事を書いてますが、実際そうだからね。
aff.hatenablog.com
月3万くらいの収益の人っていうのは、たいしてノウハウの難易度は高くないんですよ。だからあなたでも稼ぐことは出来るんです。本当です。少なくとも、検索エンジンに引っかかる方法の取得と(かかるまでの)時間さえクリアできる根性があればこの方法以外でも売上を立てるところまでは行けるはずです。他のノウハウもいろいろ見てみるといいですよ。

今のはやりは長文+有用なリンク

WelqをはじめとしたDeNAのキュレーションメディア(と称するまとめサイト)が一斉に叩かれましたが、現在のgoogleは長文を重視する傾向にあり、また問いに答えとなるようなメディアが求められているのも確かです。あれの場合はSEO悪用の結果、退場みたいな感じになってますが(多分医者の監修を得て復活させるんでしょうけど)自分でサイトを作られるのであれば、今はやはり小見出しを適度に入れて、比較的長く詳しい記事をかかれるか、最初は短くてもこまめにアップデートしていくようなものがいいかと思います。そしてアフィリエイトリンクはやや検索エンジンには嫌われる傾向があります。誘導部分を多く間口をとって、アフィリエイトリンク率を下げるなどの方法が多いのかなと思いますが、いろいろ事件になっているところは悪い人だということで真似することを敬遠するのも当然ではあるのですが、そのようなものも含めて「はやり」のSEO動向を見ておくことは、ネットの動向を学ぶという点ではやってもいいのではないでしょうか(本質的には人員やカネがあって始めて真似できる話しで、個人で学べることはごく一部なのですが)あのサイトの場合は運営実績が長くアクセス数も多く残っていた旧サイトからのリダイレクトリンクも効果を出していたようです。

とにかく手を動かせというのは基本ですが…仮説は立てるべき

「あーあ、チャリチャリとお金はいってこないかなー」といいながら寝ていても何も状況は変わらないわけで、手は使って記事をとにかく書け、とはよく言われることです。確かに何も作らなければ何も生み出しません。ただ、ちょっと考えてほしいのは、それで作る前に仮説は立てるべきかと。こういうサイトがあったらこういうの買うよなあ、これがなくて不便だよなあというあたりからはいっていくべきかな。手を使って記事を書けというのは、それを考えずにとにかく数打てばどれか当たる、それを結果をふまえて水平展開しろという考え方なんですよね。ですが、ネットの上にゴミを作るのではなく、役に立つものを作らなければ、DeNAの例の件のように退場を迫られることもあるかもしれませんし、提携ASPから解除されることもあるかもしれません。基本は黒いことを考えずに、手を動かす。でも、できれば無駄打ちを避けるために、仮説を立ててみる。1サイトを薄くせず、濃密に作り込む(支持されるために)。ということが大切かなと思います。


pt/Adm