読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットで小銭を稼ぐ人のブログ

1~3万円なら誰でも行ける!ネットで小銭を稼いできた人のアフィリエイト報告ブログです。変な商材とか買わなくてもちょっと小遣い増えればいいと思いませんか。



▲おすすめのサービスはこれ!

すでにあるどうでもいいブログの収益化を図る

f:id:amimotosan:20170501224633j:plain:w350

1円にもならないサイトへテコを入れてあげるといい

すでにかなり記事を書いてある雑記ブログなんかで、特になんにもなってないサイトなんかありませんか。日記とか。

関係したアイテムを貼ると、案外動く

たとえば記事単位で、日記にあとからamazonで関連したアイテムを記事下に貼ってくだけでも(どれかアクセスがある記事があれば)結構売れていきます。ただそんな個別に手間をかけるのは、たいした収益も出ないし馬鹿馬鹿しいというむきもあるでしょう。

全部に関連したテーマアイテムを探す

そういう場合、全部の記事に共通して興味ありそうなアイテムをサイドバーに貼り付けるだけでもいいのです。ただ、サイドバーはPCなどでの表示ですが、現在PCよりもスマホのほうが圧倒的にページビューが多くなっているので、
できればスマホサイトをいじれるブログを利用して、アイテムを記事下あたりに置いたほうがまだ売れるかもしれませんが…

これ地味な施策ですけど、案外それなりには売れて行きます。(1つのアイテムでなく)ランダム表示だと特に。僕はアドサーバ立てて、Amazonの書籍を50冊くらいランダム表示するようなものをテーマのある日記サイトにつっこんだりしていますが、面倒ならばA8のローテーションバナー機能や、バリューコマースあたりの広告表示設定で、関係した10バナーをローテーションするのでもいいでしょう。Amazonアソシエイトのブログツール類にも、確か関連した商品をランダム表示してくれるのもあったはずです。それでもいいかと思います。

テコ入れの思わぬ効果は

すでに死んでるサイトだったりしても、運営年月上は長くなっているわけで、記事を充実させてあげたり、デザインを直したり、アクセシビリティを改善してあげたり、タグ入れ直したり、リンクを改めたり、切れている広告を直したり、高速表示化したりと手を入れてあげると、案外検索順位も含めて復活したりすることがあります。僕もいくつかそうやって蘇ったサイトがあります。というか、現在のメインサイトはほとんどそういうものです。

ただ、基本は手を入れればいいというものではなく、情報が充実していることが一番です。要は、今は短文は難しい。短文系のサイトは、検索に頼らない(例えばSNSや相互RSSで送客する)ようなものでないと向きません。一記事が「詳しい」ことで検索にひっかかるようになるケースが多いですね。もちろん、WebmasterセントラルでのフェッチやらSitemap設定やら何やら、各所に通知を送ってあげることも大事ですが。

検索エンジン対策をやるのは勿論だが、入り口を広くすることも大事

検索エンジンのほうを向きがちになりますが、時代はどんどん変化しております。たとえば10代なんかはもうgoogle検索しないでSNS上の検索、もしくはSNSからハッシュタグで来たりしますからね。ECサイトやお店がインスタやったりしてますけど、そういった集客のしかたはブログにも適するかもしれませんよ、テーマによりますが、写真が美しいブログなんかは、ハッシュタグいっぱい打ってインスタにも自動で投稿するようにすると、(記事からプロフィール欄に招けば)そこにリンクが置けますから、自分のブログの集客になるかもしれないですね。こうやって入り口を増やす場合に、ブログの場合は(検索エンジンに)多重コンテンツ扱いされてしまう危険性を感じるかもしれませんが、検索エンジンのほうばかり向かないやり方でいけるようなブログなら関係ないですし、一部だけの重複くらいであれば、ブログの一覧なんかでもあることですから、ほぼ気にしないで大丈夫です。

SNS活用のしかた

たとえばインスタとツイッター、ツイッターとFACEBOOKなど投稿連携できるツールもいろいろありますので、そちらも「上手く」連動させれば手間も1/3程度で集客になります。上手くできないとただの失敗に終わるので注意が必要ですが。アカウントを育てれば育てたほうがいいのですが、そうもいかないのでそれらのSNSの中での検索需要に応じたコンテンツを投げていけばいいかもしれません。


pt/Adm