ネットで小銭を稼ぐ人のブログ

1~3万円なら誰でも行ける!ネットで小銭を稼いできた人のアフィリエイト報告ブログです。変な商材とか買わなくてもちょっと小遣い増えればいいと思いませんか。



▲おすすめのサービスはこれ!

まずアフィリエイトで月収100万円ボーンという考え方は捨てたらどうだろうか

f:id:amimotosan:20170703215537p:plain
もくじ

アフィリエイターが目標としがちな100万円

アフィリエイターの人たちを見ていると多くが「月収100万円」を目標にしています。サラリーマンと違い専業の場合、ボーナスがなく、保険/年金等天引きがありませんし、自分で確定申告して税金も払いますし、経費も使えるとはいえいったん自分持ちですから、サラリーマンの倍程度は働いてないといけないわけで、まあ多めだといいなあというのもわからないでもありません。

キリの良い数字には嘘つきも集まる

しかし、100万というハードルを(アフィリエイターも、志望する読者も)設けているが故に、その100万という数字を目標とする読者は胡散臭い嘘記事の人たちに騙されたりするのです(もちろん誠実な人もいますが、一般論としてです)。よく100万PV突破しました! と書いてあって、それが実は日や月ではなく累積だったりするときの虚無感とかとおんなじように、100のためには平気で嘘をつく人もネットにはいるのです。理由は第三者を憧れさせて、商材を買わせたりするのが目的なのですが。ブランディングを高めて商売しようっていうやつです。世の中には変な肩書をつけてはそれを実勢に近づけていこうとするそんな輩がいっぱいいます。衆目を集めて収益につなげるというのも、ネット上ではそれも正論ではあるのですが、実態と妄想の自分が違う人には近づくだけ損なので、気を付けたい所です。

リアルな月額収入を信じよ

100万円じゃなくてリアルな月収の人を信じるほうが正しいのです。まだ、今月は7万5千円だ、53万2千円だ! のほうがリアルじゃないですか。今月は700万売り上げた! とか管理画面見せてくる人も、管理画面を修正している場合、あるいはただの未確定報酬や、製品実売上(そこから1~数%がその人への入金額)ということもあるので、必ずしも正しいとは言えません。とにかく、もし先人に学ぼうと思っているのであれば、自分を大きく見せたり第一にものを売ろうとしているところは避けるべきです。信頼できる人はビギナーに高額教材を無理に買わせたりとか、オンラインサロンにやたらと誘導したりしないものです。

100万の価値は昭和時代よりもえらく低くなった

まず100という数字に対する憧れみたいなものを捨てたほうがいい。
たとえば昭和の昔、昭和50年くらいだったら「賞金100万円」というのはとてつもなく大きいものでした。しかし今も多くの賞金は100万円です。賞の価値だって、本来だったら一部の漫才コンテストのように1000万円になってもいいはずなのですが、多くは100万円据え置き。昭和から現在において価値はだだ下がっているわけです。普段は見ないお金とはいっても、結婚式や葬式やればそれよりも多くのお金が出入りします。自分の年収だって働いている人なら100万円以上を手にしている率のほうが圧倒的に高いはずです。

いまなら100万円ですら、遠い数字ではなくなっているわけです。
キリの良い数字に幻想を抱くのは気持ちとしてはわかりません。が、目を覚ませ、とアフィリエイター志望の人たちには言いたいです。じゃあ何を目指すのか、といったらリアルな数字を目指してください。

キリのよい数字、実際のビジネス事業計画では嫌われる

たとえばあなたが事業計画を建てたとします。売上が100万、1年後には1,000万ってキリの良い数字をいったらまず銀行であろうが企業であろうがどこにいっても何を根拠に言ってるの? と言われるはずです。仮想であっても、リアリティのない単純にキリで決めた数字というのは嫌われます。もっと端数のある根拠のある数字を立てるのがいいです。

もっと地味な話で少額な話になりますが、例えば今月は32,000円の入金だったとします。来月、具体的に、たとえばPVがあるページをテコ入れしてCV率を上げ、50,000円にすると計画します。それなら第三者が聞いても納得行くじゃないですか。具体像はないけど、来月は100,000円にするといったら信用されない。根拠のある目標を建てて、1つ1つ実施する、それがアフィリエイトなのですから100万円ボーンみたいな幻想は捨てたほうがいいですよね。

まとめ:現実的な目標を持とう

といいつつ、自分も月収を短期で持ち上げないといけないのですが…。
まあ、みなさんも今の数字の1.x倍くらいまでの計画にするのが現実的だと思いますよ、というだけの駄文です。


pt/Adm