ネットで小銭を稼ぐ人のブログ

1~3万円なら誰でも行ける!ネットで小銭を稼いできた人のアフィリエイト報告ブログです。変な商材とか買わなくてもちょっと小遣い増えればいいと思いませんか。


 


▲ブログがなくても登録できる!

▲おすすめのサービスはこれ!


PVと成果報酬は比例しない。人気のないニッチなサイトでも売れるものは売れる。ただし収益が多くはないが…

f:id:amimotosan:20180220035658j:plain
▲こんなものでも必要な人のところに届けば売れるかも…。版権: mars58 / 123RF 写真素材

閲覧数と成果報酬には相関関係があまりない(テーマにはよる)

アフィリエイトの面白いところですが、PVと成果報酬ってホント比例しないんですよね。
たとえばトレンドアフィリエイトといって、その時にリアルで検索されているワードに乗っていくやり方があります。芸能ブログとかそういうやつですね。テレビがやると検索されるとか芸能人だから検索数が多いとか、そういう流行りの検索ワードに乗っかってくやつです。あれ、PVはものすごく多くなりますけど、成果報酬としては著しく割は悪いんですよね。理由は、Adsenseなんかでもマッチングが悪くなるからです。せいぜいPVに対しての収益0.01円~0.001円程度といわれていますが、もっと低いかもしれません。
芸能ゴシップ記事見に来た人に最適な商品ってなかなかないんですよ。だからそう売れないのはわかります。

で、たとえばこのブログなんかもアフィリエイトをテーマにしていますけど、たいしたことなくて月で数千PV、といった感じなのですが、これもそれはそれで、売上としてはせいぜい「まれに」A8.netに新規で入ったりとか、くまポンのクーポンくらいしか売上は上がっていません。総額数万円の売上の僕なので、別に立てるつもりでやってないのでいいんですが。

ニッチコンテンツからは意外と発生する

ですが、この間に健康アップデートされてほとんど閲覧数がなくなっている、僕が持っている健康食品のブログ、月内20日で68インプレッションしかないようなやつですが、これから11クリックされて発生していたりするわけです。PVの68分の1で発生してるってことはPVに対しての成約率なら1.47%、11クリックという意味ではクリックに対してならば9.09%です、結構な発生率ですよね。

結局、調べる気持ち、買う気持ちを強大にもつようなサイトであるならば、PVは必ずしも大量には必要ないということなんですね。ただし、そのくらいだと1発生で終わってしまいますから、それでもそれなりに成約数を集めるならば、多くの人が訪れるに越したことはないのですが。

ニッチマーケットだと成約率は上がります。たとえば僕がやっている他のサイトで、燻製器のサイトがあります。燻製なんかはホントに興味もってる人しかこないですから、やはりこれも数カ月おきにですが地道にCV(成約)していきます。マスを狙うかニッチを狙うか、人それぞれではありますが、ニッチを大量に持つというのもそれはそれでよい基礎収入にはなったりします。

ロングテール理論で売上を出すAmazon的なやり方

昔、Amazonがロングテール戦略をよくいってました。要は細々とした売上が長々と続いていくことによって売上を安定化させるという考えです。Amazonはアフィリエイトをやるとわかるのですが、その商品が中古品だけになっても、延々とリンクを切らさないという意味では、いまだにその戦略は利用しているといってもいいでしょう(ただロングテール理論にだけ感化されても、そう売り上げが増えない(Amazonであれそれは完璧ではない)ので、実際Amazonもそういいつつも大量の売れ筋を売っているわけで、その理論自体は真似していいといったものではないですが))。ニッチサイトを持つということは、そのロングテールに少し近いものがあります。

自分が生きてきた知識を出すアフィリエイトなら疲弊しない

あなたの趣味が生きるサイトを作るというのも、ひとつの手だてですし、それが爆発的に売れればそれにこしたことはないのですが、そうでないとしても、アフィリエイトをやるときの一つのモチベーション維持としても、自らが生きてきて得た知見を放出して、正しい良い商品を薦めるというのはよいことだと思います。早い成功を狙う人はやらないでいいかと思いますが、ニッチサイト(ブログでも可)を作ることは勉強としてやるのはいいと思いますよ。


Adstir/Admax