ネットで小銭を稼ぐ人のブログ

1~3万円なら誰でも行ける!ネットで小銭を稼いできた人のアフィリエイト報告ブログです。変な商材とか買わなくてもちょっと小遣い増えればいいと思いませんか。


 


▲ブログがなくても登録できる!

▲おすすめのサービスはこれ!


PVと成果報酬は比例しない。人気のないニッチなサイトでも売れるものは売れる。ただし収益が多くはないが…

f:id:amimotosan:20180220035658j:plain
▲こんなものでも必要な人のところに届けば売れるかも…。版権: mars58 / 123RF 写真素材

閲覧数と成果報酬には相関関係があまりない(テーマにはよる)

アフィリエイトの面白いところですが、PVと成果報酬ってホント比例しないんですよね。
たとえばトレンドアフィリエイトといって、その時にリアルで検索されているワードに乗っていくやり方があります。芸能ブログとかそういうやつですね。テレビがやると検索されるとか芸能人だから検索数が多いとか、そういう流行りの検索ワードに乗っかってくやつです。あれ、PVはものすごく多くなりますけど、成果報酬としては著しく割は悪いんですよね。理由は、Adsenseなんかでもマッチングが悪くなるからです。せいぜいPVに対しての収益0.01円~0.001円程度といわれていますが、もっと低いかもしれません。
芸能ゴシップ記事見に来た人に最適な商品ってなかなかないんですよ。だからそう売れないのはわかります。

で、たとえばこのブログなんかもアフィリエイトをテーマにしていますけど、たいしたことなくて月で数千PV、といった感じなのですが、これもそれはそれで、売上としてはせいぜい「まれに」A8.netに新規で入ったりとか、くまポンのクーポンくらいしか売上は上がっていません。総額数万円の売上の僕なので、別に立てるつもりでやってないのでいいんですが。

ニッチコンテンツからは意外と発生する

ですが、この間に健康アップデートされてほとんど閲覧数がなくなっている、僕が持っている健康食品のブログ、月内20日で68インプレッションしかないようなやつですが、これから11クリックされて発生していたりするわけです。PVの68分の1で発生してるってことはPVに対しての成約率なら1.47%、11クリックという意味ではクリックに対してならば9.09%です、結構な発生率ですよね。

結局、調べる気持ち、買う気持ちを強大にもつようなサイトであるならば、PVは必ずしも大量には必要ないということなんですね。ただし、そのくらいだと1発生で終わってしまいますから、それでもそれなりに成約数を集めるならば、多くの人が訪れるに越したことはないのですが。

ニッチマーケットだと成約率は上がります。たとえば僕がやっている他のサイトで、燻製器のサイトがあります。燻製なんかはホントに興味もってる人しかこないですから、やはりこれも数カ月おきにですが地道にCV(成約)していきます。マスを狙うかニッチを狙うか、人それぞれではありますが、ニッチを大量に持つというのもそれはそれでよい基礎収入にはなったりします。

ロングテール理論で売上を出すAmazon的なやり方

昔、Amazonがロングテール戦略をよくいってました。要は細々とした売上が長々と続いていくことによって売上を安定化させるという考えです。Amazonはアフィリエイトをやるとわかるのですが、その商品が中古品だけになっても、延々とリンクを切らさないという意味では、いまだにその戦略は利用しているといってもいいでしょう(ただロングテール理論にだけ感化されても、そう売り上げが増えない(Amazonであれそれは完璧ではない)ので、実際Amazonもそういいつつも大量の売れ筋を売っているわけで、その理論自体は真似していいといったものではないですが))。ニッチサイトを持つということは、そのロングテールに少し近いものがあります。

自分が生きてきた知識を出すアフィリエイトなら疲弊しない

あなたの趣味が生きるサイトを作るというのも、ひとつの手だてですし、それが爆発的に売れればそれにこしたことはないのですが、そうでないとしても、アフィリエイトをやるときの一つのモチベーション維持としても、自らが生きてきて得た知見を放出して、正しい良い商品を薦めるというのはよいことだと思います。早い成功を狙う人はやらないでいいかと思いますが、ニッチサイト(ブログでも可)を作ることは勉強としてやるのはいいと思いますよ。

楽天市場はまれに200万売れることがある

f:id:amimotosan:20160822220627j:plain
過去2回ほど楽天で200万円ほどの商品が売れて、2万円ほどの臨時収入が立ったことがあります。まあ、200万売れても1%しかもらえないケースが多いですが。
1回目は、地域情報系ブログに貼っていた、AVモザイク掛けの機械でしたが、地域的にAVの会社が多いからニーズが合ったんでしょうね。あと1回は防犯製品ですが、ここからわかるのはつまり業務用機器に関しては楽天にも結構専門店が出店していると思いますが、そういうところからぽんと数百万買うということがあるのですね。
業務用機器っていうのは、新品で数百万も別に不思議ではないですからね。
つまり、専門機器をもう少し追求していけば、売れるのかもしれません(仮説でしかありませんが)。

たとえばパン職人の人がいたとして、この機材だととても美味しく焼けるということをある程度実証できる情報を提供したら、そこから機材を買うかもしれない。
飲食店で手洗いでやっているところが、食器洗浄機を導入したいと思っているときも、たとえばノウハウや、機種紹介、落とし穴などさまざまに紹介していたら、そこから機材を買うかもしれない。
プロDJだったら、やっぱりプロユースの機材を紹介すれば、信頼してくれる人は買うかもしれない。



そんなことを思ってみた本日でした。

ビットコインアフィリエイトがしばらく良かったらしいが、大下落。流れには乗らなくて正解かも。

もくじ

f:id:amimotosan:20180118211314j:plain

最近旅行・移住系のブログの一部がビットコインはじめ仮想通貨系にシフトしていたのはこれが理由

猫も杓子もビットコイン、というのは高知に移住したイケダハヤト氏をはじめ主にノマドワーカーと呼ばれる自称プロブロガーが皆一時期は仮想通貨の話しかしなくなったことでもわかります。そもそもネットの流行のあとに、少し遅れてリアルにテレビや雑誌で見て流入してきた人が一杯いるので、それらに向けての需要もあったのでしょう。確かに、一時期は爆上げしてましたしね、初期からもってたらホントにちょっとしたお金で億行ってたでしょう。

しかし、この間くらいからかなりの勢いでビットコインを始めとした仮想通貨が下落しています。上がりが急カーブなように下がりも急カーブですしね。これで仮想通貨系のアフィリエイトは終わったんじゃないかくらいの言われようです。

筆者は個人的には家庭で「生活に何の影響でない数くらいは持て」ということになり、ビットコインはビットフライヤーでわずかに持っているのですが、その口座開設のときに、アフィリエイトのタブがあったので見ていたら、獲得単価(安いなりに)結構高いんですよね。そして、入金がそれなりにあるじゃないですか。それも売上に反映されるんですよね。特単(特別単価)出れば、もっといくでしょうし。
これで、皆がブログでビットコインビットコイン言う理由がわかりました。どうやら、アフィエイトの単価が高くて獲得が容易だったから、収入になる(生活できる)として、ブロガーが一斉に仮想通貨に傾いて行ったのでしょう。

これからの獲得は簡単ではないかも

先日も大手の「コインチェック」 が特定の個人にアフィリエイト全非承認→(その人は思い当たるフシがないのでWeb上で不正行為がないことを公開して抗議)→撤回し全承認 という騒動を起こしたりしました。

さらにコインチェックで1月26日には歴史に残るくらいの580億円分のNEM(仮想通貨の1つ)大流出/取引停止による事実上の封鎖も起こり、多分にしばらくは下がり相場も続きそうです。

今後も上がり下がりは繰り返していくのでしょうが、万が一(もう暴落とも言えますが)大暴落すると撤退者も増え、下値で買うという人以外はあまりいなくなりそうで、どこからかはそんなに容易な成果獲得は難しくなるでしょう。ビットコイン回りは、買ってる顧客よりも、むしろブロガー界隈、アフィリエイト界隈のほうがバブルだったのではという気もします。

アフィリエイトにとって金融は獲得単価が高い代わりに難易度の高い商材

あなたが専門知識を持っており、未だモチベーションを高くもてるなら、まだやる価値はあるかもしれませんが、僕はこういう大きい案件には(メインとしては)手を出さないことにします。理由は刻一刻状況が変わることと、仮想通貨の技術的な裏付けのない、詐欺ビジネスも「末端」ではあるからですね。またアフィリエイトにしても金融系のは間違いがあるといけないのと、刻一刻、クライアントの指示で記事修正を要求されることがあるので、モチベーションを僕はもてなそうなので…。

まあそれでも一応貼っておく。下値で掴みたい方はどうぞ。ビットフライヤーは名だたる大手が出資していることから、強固な資本体制ではあります。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
PCサイトはめちゃくちゃ重い時間帯がありますが、スマホアプリは快適ですよ!(二段階認証はかけておきましょう)

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者

アフター・ビットコイン: 仮想通貨とブロックチェーンの次なる覇者


Adstir/Admax