ネットで小銭を稼ぐ人のブログ

1~3万円なら誰でも行ける!ネットで小銭を稼いできた人のアフィリエイト報告ブログです。変な商材とか買わなくてもちょっと小遣い増えればいいと思いませんか。



▲おすすめのサービスはこれ!

バリューコマースの新しい広告「おまかせ広告」「ダイナミックLP」に期待!

f:id:amimotosan:20170525211000j:plain

タグ2つを貼るだけ、各社と提携も不要なかんたん広告

バリューコマースが「おまかせ広告」を2017年5月25日にリリースした。貼るだけで特に提携のいらない広告(ランダム表示)である。

www.valuecommerce.ne.jp

いわゆるバリュコマ系だとスマホ広告のアドプレッソでやっていたことをPCに持ってきたという感じで、クリック広告ではなく成果報酬型広告を、個別提携なしにとにかく露出させようというものである。

ここで気になるのはマッチング力だが、それは自己でジャンルを絞ったりすることで調整するようだ。あまり絞り込むと広告が出ないこともありそうなので、躊躇するが、いかなる仕上がりになるのだろうか。

すでにA8.netには「はりっぱくん」という、貼るだけサービスの似たようなものがあるが、あちらは商品が貼られるのに対して、こちらはバナーとなる。バナーなんて露出してなんぼだからこの方法は並行してやることでむしろスポンサーサイドのほうが喜ぶと思うのだ。アフィリエイターが選ばず死に筋になっているバナーも多いだろうから。そして、出す側としてはテスト的な数値も取れそうですものね。

問題は貼る側で、アドプレッソの実際に貼った時の、クリック広告にくらべての収益性の低さが一時期ブロガーアフィリエイターまわりで話題になっていた時期があったが、つまりは成果報酬だと、たまたま買おうと思っていた客にあたるか、あるいはサイト内容とマッチングしていないと売れづらいということがある。このへんどうなっているかわからないが、アドプレッソよりは改良されていたり、リタゲされていたりして欲しいなあと希望的観測としては思う。いずれにせよ7月くらいには成果報告の記事が多数書かれるのではないだろうか? さてここから「続きを読む」を貼っておく(すでに個別記事で読んでいる場合は表示されません)。PVを増やしたいみたいなコスい理由ではなくて、「広告の表示例」が記事一覧ページだと動かないからなのだ。申し訳ないが、続きを読んでいただきたい。

続きを読む

本当に切羽詰まると結構頑張るようになる

f:id:amimotosan:20170514193140j:plain
人はそこそこの環境(たとえば本業収入がそれなりにある)と、そんなに頑張らなくなるものですが、ぎりぎりに追いつめられると恐ろしく力を発揮するようにできているものです。

10万まで収入を伸ばします…とはいうものの

うちもいままで本業収入がそれなりにはあったので、そんなにはきつくアフィリエイトの売上を立てなくてもよかったのですが、急に月5回×異常な数の工程(1回数千件の発注・発送・管理等)の仕事が増えることとなりました(しかも当然人が嫌がる仕事だから命令という形で降りてきて、断る権限がない)。

これ1人でやるとたぶん精神的にも肉体的にも追いつめられると思うのです。となるといつか辞めようと思っていた本業も、わりと現実的な線になってきました。

短期間で稼がざるを得ません。アフィリエイトに関しては、ここから短期間で本気モードにしていこうと思います。

もちろんいきなり専業やったのにわずかな収益のままで(アフィリエイトとして)死んでる人っていっぱいいますから、別に専業でやるつもりはないですが、こちらを増やして保険にし、いつでも(本業を)辞められるレベルにしていこうと思う。
具体的には現在の月2-3万円を、短期間で10万円までは伸ばします。

ここからはそこまでの具体策を書いていこうと思います。

まあ、アクセスがそのままあるということが前提になりますが。

具体的な方策の一部

まず、(1)すでに上がっている案件、PVの多いサイトを強化していくこと。短距離で売上を増やすためにはもともと数字が上がっているものをより多くするのが的確でしょう。僕の場合は旅行系が一番上がっているので、そこを強化していきます。

また、露出PV数は当然限られています。検索SEOを強化するのは時間もかかりますので、(2)サイト間のアクセス回しをもう少し強化していきます。それもできるだけ、ただのRSS更新記事表示などではなく、綿密な記事間誘導等を行おうと思います。

(3)まだ英文記事しかポスト現在では出ていませんが、最近Adsenseのスマホのヘッダ下300×250が解禁されたようです(日本語ルールは異なる可能性がある)。ヘッダ下というのはクリックされる率が非常に高いのです。英文と日本語の見解の違いみたいなものは、本来(発表から日本支社側への浸透するくらいまでの)時差くらいはあるかとは思いますが、基本ないと考えているので、僕はチャレンジしてみます。

(4)露出案件数の強化。テキストで記事前後に上がりやすいものを増やしていく。※Amazon等の記事関連案件をローテーション自動表示するなど(Amazon等にする理由は、商品欠品しても外されない限りリンクが切れないこと、マーケットプレイス業者のものも売り上げになるから)。

(5)記事内2つ目の見出し前後くらいへの本文中間Adsense表示の強化(はてなブログ等は、カスタマイズ方法がある)。

(6)瞬間需要の多い商品等への参入(海外で出ていて日本で出ていない商品や、発売前後で需要が爆発している商品の周辺商品等)

(7)死筋のサイトを見直す。ツイッターBotで共有も強化。

(8)広告枠別収支の見直し。

ほかにもいくつも一応秘策というか、実際たとえば逆に仕事関係でアフィリエイトやってて利益の出てるパターンがあるので、全部は書きませんが、10万円程度ならいけなくはないと考えています。

ストレスに注意

ところでこのような急に荷重をかけてくるような、いわゆる合法的ないじめでやってくる仕事のストレスは、2つの逃げ方があると思うのです。1つは、できるだけストレスを外に出す(人にいう、発散する、食や欲を我慢しないことでそちらで妥協する)もう1つは、無になることです。無痛になれば何も気になりません。

しかし、後者はあとからくるんだな。鬱とか精神疾患になったりしますし。なので、前者で行こうかなと。

切羽詰まらせてくれる仕事関係者に感謝

モラトリアムのようにこのくらいの収益で止まってましたので、跳ねるための材料を作ってくれたという意味では、無茶な仕事を振ってくる上のほうの人には感謝したいと思います。まあこういう合法的な虐めを行ってくるのが日本の企業というものです。。

関係ないですが最近電子書籍でブロガーの人の本が出ました。「ヒガシーサーのカメラ沼」のヒガシーサーという人っぽいですね。

フィクションでブログの本質を教えていく物語だそうです。彼のブログで掲載している「無料のブログ講座」のところからかなり加筆訂正をされたようです。

すでにあるどうでもいいブログの収益化を図る

f:id:amimotosan:20170501224633j:plain:w350

1円にもならないサイトへテコを入れてあげるといい

すでにかなり記事を書いてある雑記ブログなんかで、特になんにもなってないサイトなんかありませんか。日記とか。

関係したアイテムを貼ると、案外動く

たとえば記事単位で、日記にあとからamazonで関連したアイテムを記事下に貼ってくだけでも(どれかアクセスがある記事があれば)結構売れていきます。ただそんな個別に手間をかけるのは、たいした収益も出ないし馬鹿馬鹿しいというむきもあるでしょう。

全部に関連したテーマアイテムを探す

そういう場合、全部の記事に共通して興味ありそうなアイテムをサイドバーに貼り付けるだけでもいいのです。ただ、サイドバーはPCなどでの表示ですが、現在PCよりもスマホのほうが圧倒的にページビューが多くなっているので、
できればスマホサイトをいじれるブログを利用して、アイテムを記事下あたりに置いたほうがまだ売れるかもしれませんが…

これ地味な施策ですけど、案外それなりには売れて行きます。(1つのアイテムでなく)ランダム表示だと特に。僕はアドサーバ立てて、Amazonの書籍を50冊くらいランダム表示するようなものをテーマのある日記サイトにつっこんだりしていますが、面倒ならばA8のローテーションバナー機能や、バリューコマースあたりの広告表示設定で、関係した10バナーをローテーションするのでもいいでしょう。Amazonアソシエイトのブログツール類にも、確か関連した商品をランダム表示してくれるのもあったはずです。それでもいいかと思います。

テコ入れの思わぬ効果は

すでに死んでるサイトだったりしても、運営年月上は長くなっているわけで、記事を充実させてあげたり、デザインを直したり、アクセシビリティを改善してあげたり、タグ入れ直したり、リンクを改めたり、切れている広告を直したり、高速表示化したりと手を入れてあげると、案外検索順位も含めて復活したりすることがあります。僕もいくつかそうやって蘇ったサイトがあります。というか、現在のメインサイトはほとんどそういうものです。

ただ、基本は手を入れればいいというものではなく、情報が充実していることが一番です。要は、今は短文は難しい。短文系のサイトは、検索に頼らない(例えばSNSや相互RSSで送客する)ようなものでないと向きません。一記事が「詳しい」ことで検索にひっかかるようになるケースが多いですね。もちろん、WebmasterセントラルでのフェッチやらSitemap設定やら何やら、各所に通知を送ってあげることも大事ですが。

検索エンジン対策をやるのは勿論だが、入り口を広くすることも大事

検索エンジンのほうを向きがちになりますが、時代はどんどん変化しております。たとえば10代なんかはもうgoogle検索しないでSNS上の検索、もしくはSNSからハッシュタグで来たりしますからね。ECサイトやお店がインスタやったりしてますけど、そういった集客のしかたはブログにも適するかもしれませんよ、テーマによりますが、写真が美しいブログなんかは、ハッシュタグいっぱい打ってインスタにも自動で投稿するようにすると、(記事からプロフィール欄に招けば)そこにリンクが置けますから、自分のブログの集客になるかもしれないですね。こうやって入り口を増やす場合に、ブログの場合は(検索エンジンに)多重コンテンツ扱いされてしまう危険性を感じるかもしれませんが、検索エンジンのほうばかり向かないやり方でいけるようなブログなら関係ないですし、一部だけの重複くらいであれば、ブログの一覧なんかでもあることですから、ほぼ気にしないで大丈夫です。

SNS活用のしかた

たとえばインスタとツイッター、ツイッターとFACEBOOKなど投稿連携できるツールもいろいろありますので、そちらも「上手く」連動させれば手間も1/3程度で集客になります。上手くできないとただの失敗に終わるので注意が必要ですが。アカウントを育てれば育てたほうがいいのですが、そうもいかないのでそれらのSNSの中での検索需要に応じたコンテンツを投げていけばいいかもしれません。


pt/Adm