ネットで小銭を稼ぐ人のブログ

1~3万円なら誰でも行ける!ネットで小銭を稼いできた人のアフィリエイト報告ブログです。変な商材とか買わなくてもちょっと小遣い増えればいいと思いませんか。



▲おすすめのサービスはこれ!

まずアフィリエイトで月収100万円ボーンという考え方は捨てたらどうだろうか

f:id:amimotosan:20170703215537p:plain
もくじ

アフィリエイターが目標としがちな100万円

アフィリエイターの人たちを見ていると多くが「月収100万円」を目標にしています。サラリーマンと違い専業の場合、ボーナスがなく、保険/年金等天引きがありませんし、自分で確定申告して税金も払いますし、経費も使えるとはいえいったん自分持ちですから、サラリーマンの倍程度は働いてないといけないわけで、まあ多めだといいなあというのもわからないでもありません。

キリの良い数字には嘘つきも集まる

しかし、100万というハードルを(アフィリエイターも、志望する読者も)設けているが故に、その100万という数字を目標とする読者は胡散臭い嘘記事の人たちに騙されたりするのです(もちろん誠実な人もいますが、一般論としてです)。よく100万PV突破しました! と書いてあって、それが実は日や月ではなく累積だったりするときの虚無感とかとおんなじように、100のためには平気で嘘をつく人もネットにはいるのです。理由は第三者を憧れさせて、商材を買わせたりするのが目的なのですが。ブランディングを高めて商売しようっていうやつです。世の中には変な肩書をつけてはそれを実勢に近づけていこうとするそんな輩がいっぱいいます。衆目を集めて収益につなげるというのも、ネット上ではそれも正論ではあるのですが、実態と妄想の自分が違う人には近づくだけ損なので、気を付けたい所です。

リアルな月額収入を信じよ

100万円じゃなくてリアルな月収の人を信じるほうが正しいのです。まだ、今月は7万5千円だ、53万2千円だ! のほうがリアルじゃないですか。今月は700万売り上げた! とか管理画面見せてくる人も、管理画面を修正している場合、あるいはただの未確定報酬や、製品実売上(そこから1~数%がその人への入金額)ということもあるので、必ずしも正しいとは言えません。とにかく、もし先人に学ぼうと思っているのであれば、自分を大きく見せたり第一にものを売ろうとしているところは避けるべきです。信頼できる人はビギナーに高額教材を無理に買わせたりとか、オンラインサロンにやたらと誘導したりしないものです。

100万の価値は昭和時代よりもえらく低くなった

まず100という数字に対する憧れみたいなものを捨てたほうがいい。
たとえば昭和の昔、昭和50年くらいだったら「賞金100万円」というのはとてつもなく大きいものでした。しかし今も多くの賞金は100万円です。賞の価値だって、本来だったら一部の漫才コンテストのように1000万円になってもいいはずなのですが、多くは100万円据え置き。昭和から現在において価値はだだ下がっているわけです。普段は見ないお金とはいっても、結婚式や葬式やればそれよりも多くのお金が出入りします。自分の年収だって働いている人なら100万円以上を手にしている率のほうが圧倒的に高いはずです。

いまなら100万円ですら、遠い数字ではなくなっているわけです。
キリの良い数字に幻想を抱くのは気持ちとしてはわかりません。が、目を覚ませ、とアフィリエイター志望の人たちには言いたいです。じゃあ何を目指すのか、といったらリアルな数字を目指してください。

キリのよい数字、実際のビジネス事業計画では嫌われる

たとえばあなたが事業計画を建てたとします。売上が100万、1年後には1,000万ってキリの良い数字をいったらまず銀行であろうが企業であろうがどこにいっても何を根拠に言ってるの? と言われるはずです。仮想であっても、リアリティのない単純にキリで決めた数字というのは嫌われます。もっと端数のある根拠のある数字を立てるのがいいです。

もっと地味な話で少額な話になりますが、例えば今月は32,000円の入金だったとします。来月、具体的に、たとえばPVがあるページをテコ入れしてCV率を上げ、50,000円にすると計画します。それなら第三者が聞いても納得行くじゃないですか。具体像はないけど、来月は100,000円にするといったら信用されない。根拠のある目標を建てて、1つ1つ実施する、それがアフィリエイトなのですから100万円ボーンみたいな幻想は捨てたほうがいいですよね。

まとめ:現実的な目標を持とう

といいつつ、自分も月収を短期で持ち上げないといけないのですが…。
まあ、みなさんも今の数字の1.x倍くらいまでの計画にするのが現実的だと思いますよ、というだけの駄文です。

バリューコマースの新しい広告「おまかせ広告」「ダイナミックLP」に期待!

f:id:amimotosan:20170525211000j:plain

タグ2つを貼るだけ、各社と提携も不要なかんたん広告

バリューコマースが「おまかせ広告」を2017年5月25日にリリースした。貼るだけで特に提携のいらない広告(ランダム表示)である。

www.valuecommerce.ne.jp

いわゆるバリュコマ系だとスマホ広告のアドプレッソでやっていたことをPCに持ってきたという感じで、クリック広告ではなく成果報酬型広告を、個別提携なしにとにかく露出させようというものである。

ここで気になるのはマッチング力だが、それは自己でジャンルを絞ったりすることで調整するようだ。あまり絞り込むと広告が出ないこともありそうなので、躊躇するが、いかなる仕上がりになるのだろうか。

すでにA8.netには「はりっぱくん」という、貼るだけサービスの似たようなものがあるが、あちらは商品が貼られるのに対して、こちらはバナーとなる。バナーなんて露出してなんぼだからこの方法は並行してやることでむしろスポンサーサイドのほうが喜ぶと思うのだ。アフィリエイターが選ばず死に筋になっているバナーも多いだろうから。そして、出す側としてはテスト的な数値も取れそうですものね。

問題は貼る側で、アドプレッソの実際に貼った時の、クリック広告にくらべての収益性の低さが一時期ブロガーアフィリエイターまわりで話題になっていた時期があったが、つまりは成果報酬だと、たまたま買おうと思っていた客にあたるか、あるいはサイト内容とマッチングしていないと売れづらいということがある。このへんどうなっているかわからないが、アドプレッソよりは改良されていたり、リタゲされていたりして欲しいなあと希望的観測としては思う。いずれにせよ7月くらいには成果報告の記事が多数書かれるのではないだろうか? さてここから「続きを読む」を貼っておく(すでに個別記事で読んでいる場合は表示されません)。PVを増やしたいみたいなコスい理由ではなくて、「広告の表示例」が記事一覧ページだと動かないからなのだ。申し訳ないが、続きを読んでいただきたい。

続きを読む

本当に切羽詰まると結構頑張るようになる

f:id:amimotosan:20170514193140j:plain
人はそこそこの環境(たとえば本業収入がそれなりにある)と、そんなに頑張らなくなるものですが、ぎりぎりに追いつめられると恐ろしく力を発揮するようにできているものです。

10万まで収入を伸ばします…とはいうものの

うちもいままで本業収入がそれなりにはあったので、そんなにはきつくアフィリエイトの売上を立てなくてもよかったのですが、急に月5回×異常な数の工程(1回数千件の発注・発送・管理等)の仕事が増えることとなりました(しかも当然人が嫌がる仕事だから命令という形で降りてきて、断る権限がない)。

これ1人でやるとたぶん精神的にも肉体的にも追いつめられると思うのです。となるといつか辞めようと思っていた本業も、わりと現実的な線になってきました。

短期間で稼がざるを得ません。アフィリエイトに関しては、ここから短期間で本気モードにしていこうと思います。

もちろんいきなり専業やったのにわずかな収益のままで(アフィリエイトとして)死んでる人っていっぱいいますから、別に専業でやるつもりはないですが、こちらを増やして保険にし、いつでも(本業を)辞められるレベルにしていこうと思う。
具体的には現在の月2-3万円を、短期間で10万円までは伸ばします。

ここからはそこまでの具体策を書いていこうと思います。

まあ、アクセスがそのままあるということが前提になりますが。

具体的な方策の一部

まず、(1)すでに上がっている案件、PVの多いサイトを強化していくこと。短距離で売上を増やすためにはもともと数字が上がっているものをより多くするのが的確でしょう。僕の場合は旅行系が一番上がっているので、そこを強化していきます。

また、露出PV数は当然限られています。検索SEOを強化するのは時間もかかりますので、(2)サイト間のアクセス回しをもう少し強化していきます。それもできるだけ、ただのRSS更新記事表示などではなく、綿密な記事間誘導等を行おうと思います。

(3)まだ英文記事しかポスト現在では出ていませんが、最近Adsenseのスマホのヘッダ下300×250が解禁されたようです(日本語ルールは異なる可能性がある)。ヘッダ下というのはクリックされる率が非常に高いのです。英文と日本語の見解の違いみたいなものは、本来(発表から日本支社側への浸透するくらいまでの)時差くらいはあるかとは思いますが、基本ないと考えているので、僕はチャレンジしてみます。

(4)露出案件数の強化。テキストで記事前後に上がりやすいものを増やしていく。※Amazon等の記事関連案件をローテーション自動表示するなど(Amazon等にする理由は、商品欠品しても外されない限りリンクが切れないこと、マーケットプレイス業者のものも売り上げになるから)。

(5)記事内2つ目の見出し前後くらいへの本文中間Adsense表示の強化(はてなブログ等は、カスタマイズ方法がある)。

(6)瞬間需要の多い商品等への参入(海外で出ていて日本で出ていない商品や、発売前後で需要が爆発している商品の周辺商品等)

(7)死筋のサイトを見直す。ツイッターBotで共有も強化。

(8)広告枠別収支の見直し。

ほかにもいくつも一応秘策というか、実際たとえば逆に仕事関係でアフィリエイトやってて利益の出てるパターンがあるので、全部は書きませんが、10万円程度ならいけなくはないと考えています。

ストレスに注意

ところでこのような急に荷重をかけてくるような、いわゆる合法的ないじめでやってくる仕事のストレスは、2つの逃げ方があると思うのです。1つは、できるだけストレスを外に出す(人にいう、発散する、食や欲を我慢しないことでそちらで妥協する)もう1つは、無になることです。無痛になれば何も気になりません。

しかし、後者はあとからくるんだな。鬱とか精神疾患になったりしますし。なので、前者で行こうかなと。

切羽詰まらせてくれる仕事関係者に感謝

モラトリアムのようにこのくらいの収益で止まってましたので、跳ねるための材料を作ってくれたという意味では、無茶な仕事を振ってくる上のほうの人には感謝したいと思います。まあこういう合法的な虐めを行ってくるのが日本の企業というものです。。

関係ないですが最近電子書籍でブロガーの人の本が出ました。「ヒガシーサーのカメラ沼」のヒガシーサーという人っぽいですね。

フィクションでブログの本質を教えていく物語だそうです。彼のブログで掲載している「無料のブログ講座」のところからかなり加筆訂正をされたようです。


pt/Adm