ネットで小銭を稼ぐ人のブログ

1~3万円なら誰でも行ける!ネットで小銭を稼いできた人のアフィリエイト報告ブログです。変な商材とか買わなくてもちょっと小遣い増えればいいと思いませんか。



▲おすすめのサービスはこれ!

てるみくらぶみたいな企業破綻で損をしないためのカード選びの方法一例

破綻会社の対応に、クレジットカード会社の質が問われる

てるみくらぶという旅行代理店が破産しまして、申し込みベースで約3万数千人、実際には9万人近くが被害を受けているといいます。
現金振り込み自体は、零細な旅行代理店のみならずH.I.Sあたりでも現金すぐ持ってこさせるのはちょっと前までは普通の話なので、ネットの一部では安物買いの銭失いと小馬鹿にしている人もいますが、特にてるみが特別というわけではなく、今後旅行代理店制度自体に対する不信がすごく広がる事例なのかなと思います。

確かに零細や激安なところを使わない、現金決済だけのところを避けるというのはリスク管理としては正しいのですが、では実際にはどうでしょうか。シーズンでどうしても行かなくてはならない旅行があって、たとえば大手代理店が軒並み売り切れていて、そこだけ残ってたら? 買う可能性って結構あると思うのですよね。

今回の場合、現金振り込みだけではなく、カードとしてはVISA/MASTERが使えて(AMEXやJCBなどは非対応)、まあ使えるカードフェイスが少ないのは与信のせいだなんていう人もいますが(クレジットカード加盟店をやった経験がある私から言えばそれは違うといえますが)、今回は現金の場合は旅行業協会のわずかな補償しか無いのですが、クレジットカードが使えた人は一部カード会社の判断で救済されているケースもあり(全く助かっていないケースもあり)、我々もその事例を見ながら、今後はクレジットカード会社や買い方を考えて行くべきでしょう。

取引停止抗弁には、分割購入という条件がある

今回は、割賦販売法による取引停止抗弁を行う場合

(1)本来は、分割(3回以上)でないとこの「取引停止抗弁」の対象外

という問題がありました。消費者センターに問い合わせた方はこの場合は一括取引でも対象とするような見解を受けた人もいるようですが、はっきりとした見解は出ていないですね。

やや信用に不安のある企業での高額購入の場合、分割で買うことは、法的には自衛になるかもしれません。

ただカードでの旅行決済って多くは一括払いになるわけですよ(一部分割が選べるサイトもありますが)。これを、一括しかないサイトで買っても分割にするには

あとから分割(的な機能)
・あとリボ(的な機能) ⇒リボは支払総額がはね上がるので、おすすめはできない
・リボ専用カード ⇒同上

があるかどうか、カード会社側が鍵となってくるわけです。要はサイト側が対応していなくとも、こちらで分割にしてしまうという手がありますので、そういう機能のあるカード会社を選ぶというのも1つの手かなと。ただ、相手先との間での割賦契約があってという場合とは若干違うので、法的に必ずしも正しいやり方かどうかはわかりませんが…。

あとは今回、

(2)カードランクや銀行系・信販系などにかかわらず、対応が分かれた

という問題があります。意外にも年会費のないYahoo!Japanカードがいち早く対応している一方で、三井住友系の発行カードはゴールド系でもなかなかの塩対応など…。

カード会社としてはこの事故をどう処理するかが別れてくるのでしょうがないともいえますが、普段は最初は良い顔していても回収ターンに入ると割高になりがちな孫さんの会社でもあるYahoo!Japanカードが意外にも反応がよかったのは不思議です。もしかするとトップダウン型の経営方針であることが幸いしているのかもしれませんし、まだ会員が多くないので被害額が少ないのかもしれません。真相は不明ですが、今回の対応のよいカードを選ぶと、万が一別の会社の倒産に巻き込まれてしまった場合に救済される可能性が高いかもしれません。
全体的には銀行系が融通がきかず、交通・流通系などの対応のほうが柔軟性がある印象です。

今回、対応したかしないかについては、てるみくらぶのカード決済の対応についていくつかまとめられているまとめサイトの類を見てください(ただし実際の対応はカードランク、ケースや支払時期によって異なると思います)。

実は私も被害者

まあ私も実はてるみでは被害にあっており、わずか数千円だけYJカードで決済しているのですが、迅速に救済され大変助かったんで、YJカードをおすすめしたいと思います。FAQよく読むとネットセイフティ-サービスやショッピング補償とかもあるのでいいですね。

ヤフーカードの良くない点は

ただ、YJカードにも難点はあって、当然ですがネット企業のカードなのでオールネットでの明細になります。確認は自分でしないといけません。Yahooに問い合わせてもYJカードは別会社なので、電話で直接かけるように言われて、細かい指示には結構めんどうです。キャンペーンの場合、通常のTポイントではなく一部Yahoo内だけで利用できるポイントも並行して出て来るので、使いみちを考えておかないと、無駄が出ます。

ヤフーカードの良い面は

プラス面としては通常1%還元のため、Tポイントは間違いなくものすごくたまります(入会すると既存の手持ちTポイントを切り替えるように促されます)。あと永年無料。カードフェイスも黒いのとかかっこいいですよね。
いちおう下にバナーを置いておきますが、特に私がてるみの損を取り返そうとしているわけではありませんので踏まなくていいです。入るだけで数千円から一万数千円くらいまでのキャンペーンを行うことがありますが、7000円以上であれば、特に損にはならないかと思います(ただし期間限定ポイントだったりはするので、入会するのであればすぐに買うものを考えておいたほうがいい。僕はこういうときに炭酸水や米などを買いますし、Yahoo限定ポイントがわずかに余った場合はYahoo!でのTOTOBIGなどを買ったり、あるいは寄付したりします)。


まあ、YJ自体はネット通販としてはロハコやYahoo!ショッピング(常時ポイント3倍=3%)などではかなり使い勝手がいいので、持っていてもいいと思います。

他の会社ならネット取引の不正を止めてくれるところだが、検知してくれるところが一番いい

他にオススメなのはネット取引でわりとちゃんと止めてくれるところですね。(例えばニコスや、ネット通販用の別番号カードを発行してくれるエポスや、不正利用に関しては補償があるところがいいのですが)、なくてもJR東日本系のVIEWカードは、自分とこで監視しているのか、不正請求と思わしきものをむこうからチェックして教えてくれたことがあります(私の場合)。それからネット取引には、僕は比較的VIEWを使っています。

GMOインターネットの株主優待の特典、今季からz.comに新規対応

株主優待、レンタルサーバーにも使えます

やーすばらしい、いままでも同社系レンタルサーバーやドメイン代金への充当に使えたGMOインターネットの株主優待ですが、同社の旗艦ブランドでもあるサーバーのz.comにも新規に対応し、使えるようになりました。やっと!! 僕がリクエストしたのが効いたかな?

それ以外はほぼ同様だと思いますので、以前にGMOインターネットの株主優待を書いた記事を参照してください。
aff.hatenablog.com

意外にもオススメなz.com(人数超過課金のあるWordpressプランより、共用で容量無制限のZeusプランを推奨)




z.comは、東京の他、外国(シンガポール等)にも拠点があるので、当初海外の人で遅くなるんじゃないかとか言われていましたが、まだあまり使っている人がいないので速度も遅くないですね。共用サーバ、クラウド、Wordpress専用などありますが、おすすめは共用サーバのZeusプラン。わずか1980円で容量が無制限なんですよ。これは量産派とか、データを置いておきたいだけの人なんかにはたまらないですよね! なんで喜んでるかというと、使ってるからなんですが。(私は)PHP7にしてアドサーバを置いたりしていますよ。(将来的には重くなる可能性もあるんですが)もう全部サーバここに集約しようと思っています。他社の契約要らないですね。

ツイッターでのアフィリエイトならこういうテクニックがある

f:id:amimotosan:20170303050906j:plain

かつて期待されていたツイッターのアフィリエイト市場、ツイッター側の対策などで今はしぼみ気味に

ツイッターは短文+他へのリンクが貼れることから、一時期は次世代のアフィリエイト媒体として期待されていた時期がありました。ですが、ツイッター本体は一部のASPリンクをつぶやけないようにするなどブロックしたことから(たとえばA8.netがやっているアフィリエイター向けのブログサービス「ファンブログ」のURLはツイッターでつぶやけません)、アフィリエイトASPもツイッター投稿への本格対応に及び腰になっていきました。今はASPの多くもツイッターでの投稿には制限を設けたりしており、Amazonや楽天アフィリエイトなどごく一部、一般的に汎用性が高く共有されているもの以外は、アフィリエイトリンクを含んだつぶやきは使いづらくなっています。

過去にはフォロワーが1000人以上いるのであればそこそこ儲かるようなことが都市伝説で言われており、無理に数万フォロワーまでもっていっている人も結構いますが、当然フォロワー購入なども対策されており、不正アカウントは凍結される傾向にあります。

ツイッターにアフィリエイトリンクを貼ってよいかは、各ASPの規約を必ず確認しておきましょう。

ツイッターは実は人気アカウントじゃなくても目がある世界

そして、実際にツイートした場合ですがフォロワー、Botなどもあるでしょうから投稿したとしても実際にタイムライン上で見られるのは1/10、クリックは数件といったところだと思います。しかしツイッターはインスタグラムなどと同じように、フォローフォロワーとか関係なく、(ツイッター上やリアルタイム検索等で)検索されるものは検索されるのと、まれにRT(リツイート)などで拡散することがあるため、わずか数人のフォロワーであったとしても地道につぶやくと、販売促進というかリンク元としてそれなりに機能します。つまりは人気があるかどうかというのはあまり関係がないのです。そういう意味では平等性があるというのと、クリックが発生しやすいという面ではとてもいいメディアではあるのです。

ただし、宣伝ばかりのアカウントを作ると、それこそユーザーからブロック、通報で凍結されてしまう可能性があります。

企業は拡散してもらいたいという思いがあり、ただのアフィリエイトリンクだけでない情報性があれば、企業にリツイートされることがある

テクニックとしては、ただのアフィリエイト紹介リンクというのは嫌がられますが、商品についての率直な思いとか、感想とか、便利情報を含めて記事のようにツイートを作ると、「ああこれは宣伝じゃないんだな」と認識されるということですね。そうなると、「企業公式」アカウントや製作者など、明らかに自分よりも拡散力のある人がリツイートしてくれることがあるわけです。そうすると通常の何十倍と、あなたが貼ったリンクもクリックを受けることがあり、かつ「その商品に興味のあるユーザーが見ているアカウントがリツイートしたことで売上が立ちやすいという利点があるのですね。

私も先日そこそこの出版社にリツイートされて、楽天アフィリエイトの売上が予想外に立ちました。Amazonリンクなんかはツールバーから作成すると、短縮リンクになるのでそちらはアフィリエイトばれしづらいかもしれません。(別にばれてもいいのだが、人は明らかな宣伝リンクはあまりクリックしない傾向があるので、そういう気配は出さないほうがいい)

楽天アフィリエイトのツイッターリンク作成にもコツがある → アフィリエイトコンパネからではなく、通常の商品ページから共有で作るとアフィリエイトなハッシュタグがつかない

楽天アフィリエイト上で、ツイッターのリンクを作るのにもコツがあります。楽天はツイッター用のアフィリエイトリンクを、楽天アフィリエイトのコントロールパネルから行うと、楽天アフィリエイトのハッシュタグがついてしまって使いづらいものとなってしまいます。そうではなく、通常の楽天市場の各商品のページから、ツイッター共有を選び、「掲載リンクをアフィリエイトにする」チェックボックスを入れたほうがきれいに記事ができます(クッキーの有効期限は30日)。楽天は商品タイトルに【送料無料】など様々なタグが入るため、元の商品名を崩さない範囲で余計なタグはとることができます。宣伝投稿ばかりをするアカウントを作っても絶対に人気は出ないので、何か通常投稿をするアカウントを作って、通常投稿をメインとし、そのアカウントでの発言傾向に近い商品をたまに貼るくらいのほうが(はく奪などの可能性も低くなるので)いいと思いますよ。

自動投稿はやめよう

多くのアフィリエイトの場合、自動でのSPAM投稿などをさせないために、ASP提供の画面上にあるツールを使わないと投稿できないようになっているケースが多いです。直接ツイートを禁止しているケースもあります。ASP規約は(当然不正をなくすためにあるものなので)甘くみないほうがいいと思いますし、(大量の宣伝投稿ばかりは)ツイッター側の規約にも若干牴触する可能性があります。面倒だと思っても、自分の言葉で書いて、そこそこふつうに投稿する、そのくらいの手間は惜しまないほうがいいでしょう。また、ツイッター上ではコピペで記事を作るのもやめておいたほうがいいです。すぐに検索されて同一人のアカウントだと特定できますから…。

どうしても制限のゆるいASPで、ガンガン投稿したいという人はDMMアフィリエイトがツイッターでもID登録できる+bot投稿も特に制限しているようには見えないので、そういう人はそのへんでやられるのをお勧めします。一般コンテンツが少ないですが。


pt/Adm